【劇団員外部公演情報】 姫路文学館「没後60年 岸上大作展」招聘公演 『辺境ーどこまで行っても』【南慎介作・演出 井上実莉出演】

姫路文学館「没後60年 岸上大作展」招聘公演『辺境ーどこまで行っても』に代表・南慎介が作・演出として参加、井上実莉が俳優として出演します。岸上の絶筆「ぼくのためのノート」の作品世界を現代劇とリミックスしご好評をいただいた作品を、姫路の地で再び上演いたします。(2017年初演)

▼詳細はこちら

※初演時の記録はこちら

Ammoより2021年新春のご挨拶

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年のAmmoは冬ごろに新作公演『太陽は飛び去って』を上演予定です。

とおくでいきるあなたは そこでうまれたわたし

他ならぬあなたに届くよう、志高く、飛躍と挑戦の一年にしてまいります。本年もAmmo及び劇団員一同を、何卒よろしくお願い申し上げます。

Ammo一同

以下、各劇団員より新年のご挨拶を申し上げます。

2020年、おおつごもりの御礼

本年も大変お世話になりました。

本年のAmmoは番外公演『桜の森の満開のあとで』を世に送り出すことができました。このような状況下で大禍なく公演を終えられたことはひとえに、お客さまのご協力と関係者各位のお力添えのおかげと、Ammo一同心より御礼申し上げます。また、劇団員も昨年以上に各所で活躍の場をいただき、感謝の念に堪えません。

本年は劇団員としてメディア担当のC’s naokiが加入し、Ammoは6人体制となりました。新しく完成したロゴを旗印にして、目の前の作品を最高のものにすることに一層力を注いで参ります。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

Ammo一同

Ammoロゴ

Ammoのロゴが出来ました!

Ammoのロゴマークが出来ました。
Ammo公演フライヤーでお馴染みのデザイナー南裕子 作成です。


今後、様々な場所でこのロゴと共にAmmoとAmmoの演劇が皆様にお届けできますように。