作者別: ammo

2019年、おおつごもりの御礼。

2019年、Ammoにとって飛躍の年となりました。

『カーテンを閉じたまま』、『墨を塗りつつ』、『調和と服毒』の新作を3本発表することができました。

また、俳優 井上実莉と吉村公佑の二人の新劇団員の加入があり、公演ごとの動員数も少しずつですが確実に毎回伸びております。これもお客さまや関係者のお力添えあってのことと、Ammo一同心より御礼申し上げます。
簡単ですが、一作ずつを振り返っていきたいと思います。

【一次情報公開】番外公演『桜の森の満開のあとで』

2020/3/12-18@シアターミラクル

2014.2015.2019と再演を繰り返してきた学生議論劇の佳作を作家によるセルフカバーで。

ゲンジ大学政治学科タケカワゼミ研究室。
ゼミ生の卒業試験として、「市民を演じながら議論をする」模擬会議〈モックカンファレンス〉が行われていた。
理屈。何もかも違う私たちがわかりあうための最後の言葉。
議論。理屈という刃を交わし合う戦場。
感情。ただし、人間なら。

「もうこの国はダメです。ある種の人間を切り捨てましょう」

卒業か、矜持か。
たまには検索じゃなく、思索をしてみよう。

【調和と服毒】スタッフロール

【出演】
前園あかり
津田修平
井上実莉(以上、Ammo)


西川康太郎(ゲキバカ/おしゃれ紳士)
大原研二(DULL-COLORED POP)
日下部そう
港谷順(Ayuka project)
杉林健生(俳優座)
高木健(エンニュイ)
辻井彰太
中野智恵梨
森田匠(TRASHMASTERS)
吉村公佑(劇団B級遊撃隊)
今駒ちひろ

【調和と服毒】上演時間の変更について。

【調和と服毒】上演時間の変更について。事前に、120分予定と公開しておりましたが、演出上の理由で上演時間を変更いたします。お客様各位にはご迷惑おかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

(旧)120分
(新)125分

上演時間によるキャンセル、変更のご連絡は
ticket@ammo.works
までお願いいたします。