作者別: ammo

【一次情報公開】番外公演『桜の森の満開のあとで』

2020/3/12-18@シアターミラクル

2014.2015.2019と再演を繰り返してきた学生議論劇の佳作を作家によるセルフカバーで。

ゲンジ大学政治学科タケカワゼミ研究室。
ゼミ生の卒業試験として、「市民を演じながら議論をする」模擬会議〈モックカンファレンス〉が行われていた。
理屈。何もかも違う私たちがわかりあうための最後の言葉。
議論。理屈という刃を交わし合う戦場。
感情。ただし、人間なら。

「もうこの国はダメです。ある種の人間を切り捨てましょう」

卒業か、矜持か。
たまには検索じゃなく、思索をしてみよう。



脚本・演出:
南慎介(Ammo)

出演:
井上実莉(Ammo)

岡村梨加
くらしなみさと
新開知真(埋れ木)
立原朋実
難波なう
林純平
双葉
皆上匠(サルナミリビドーズ)
三宅勝
山咲和也(ゲキバカ)

土田卓(弾丸MAMAER)

タイムテーブル等は1/10公開。
予約は2/1より。

【調和と服毒】スタッフロール

【出演】
前園あかり
津田修平
井上実莉(以上、Ammo)


西川康太郎(ゲキバカ/おしゃれ紳士)
大原研二(DULL-COLORED POP)
日下部そう
港谷順(Ayuka project)
杉林健生(俳優座)
高木健(エンニュイ)
辻井彰太
中野智恵梨
森田匠(TRASHMASTERS)
吉村公佑(劇団B級遊撃隊)
今駒ちひろ

【調和と服毒】上演時間の変更について。

【調和と服毒】上演時間の変更について。事前に、120分予定と公開しておりましたが、演出上の理由で上演時間を変更いたします。お客様各位にはご迷惑おかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

(旧)120分
(新)125分

上演時間によるキャンセル、変更のご連絡は
ticket@ammo.works
までお願いいたします。

【調和と服毒】イントロダクション

 

最も神聖な場所に悪魔のように美しい絵を描く

かつて、「神=美」時代があった。
その時代は遥か昔となったものの、いまだに多くの人を惹きつける「神」と「美」。

ましてやもっとも神聖な場所、ローマ・バチカン宮殿であれば言うまでもない。
バチカン宮殿の教皇の間を任されていたラファエロ・サンティの工房に置かれた、一枚の絵は多くの人々の心を揺れ動かしていた。

「悪魔のように美しい絵」。


これを認めても良いものか、これは美か?さらに驚くべきことに、
これを描いたのはラファエロではなく、工房に名を連ねていた名だたるマエストロでもなく末端に近い、一人の工房付きの男装の、女性画家であった。

ルネサンスの時代と芸術


ルネサンスの時代、欧州ですでに廃れていた古代ギリシアの文化がイスラームから逆輸入されると、人々の生きる力は「再生=ルネサンス」し、身の回りのものが華やかになっていきました。

当時の服装を衣装の 金田かお里(undaily gate)が、
舞台美術を 谷佳那香 が、 
緻密な取材をもとに、時に大胆なフィクションを入れながら、工房という庶民の場にも広がるルネサンスの息遣いを感じていただける舞台空間を創造します。

あらすじ

ルネサンスを代表する巨匠、古典主義の最大の画家、新プラトン主義の美術界における最大の守護者、ラファエロ・サンティは教皇の居室を装飾するという名誉ある仕事を承った。

しかしながら、広大な内装の全てをラファエロ一人で描くことは難しく、彼の弟子がその一部を請け負ってフレスコ画を描いていた。多くの名画が彼の忠実なる弟子によって描かれる中、3つ目の部屋、最も地味な場所に描かれた一人の弟子の作品が工房の中で大きな議論となっていた。

「美しすぎる」

後にラファエロの工房から独立する高名な弟子の一人が言った。「あれは美しい。しかし悪魔のように。この神聖なる場所にふさわしくない」
しかし、ラファエロは考える。

「もしこれが完成すれば、ダ・ヴィンチやミケランジェロを超えられるかもしれない」

『美しい』という言葉が神に近いという言葉とイコールであった時代。
神を超える作品を描こうとした一人の男装画家とルネサンスの最後の光について。