【劇団員外部出演情報】singing dog 『ブラックアウト』【前園あかり】

劇団員 前園あかりが、singing dogさんの『ブラックアウト』という公演に参加させて頂きます。『ノスタルギヤ』『墨を塗りつつ』といった過去公演に出演のJACROW谷仲恵輔さんとも共演。Ammoファンの方、ご注目ください。

公演の詳細は こちらから
前園が元気になるご予約(前園扱い)は こちらから

========

やめたくてもやめられない。だが、飲んでしまう。
誰か助けてくれ。誰か俺を止めてくれ———

singing dog 第一回公演
『ブラックアウト』
脚本 藤﨑麻里
演出 吉田康一( Antikame? )
音楽 山口 紘

2020年 7月16日(木)~20日(月)
@劇場 雑遊

【出演】
谷仲恵輔(JACROW)
吉田テツタ
井内勇希(パラドックス定数 / おしゃれ紳士)
吉田雅人(ユニークポイント) 
小林大輔
今井勝法(theater 045 syndicate)
前園あかり(Ammo)
楢原 拓(チャリT企画)

▼『ブラックアウト』とは…
目覚めてみると、辺りはアル中の人間だらけだった。
隣にいるのはアル中、あっちもアル中、こっちもアル中。

ぶち込まれたのは、精神病院のアルコール病棟だった。
84日間の入院を経て、更生プログラムに取り組むという。
治療方法はたったひとつ。酒を、死ぬまで一滴も飲まないこと。

ここでは社会に戻ってまっとうに生きていこうとする者や、自暴自棄になる者、どうにか病棟を抜け出して酒を飲んでやろうともくろむ者など、いろんな人間たちがひしめき合っている。
みんな酒で失敗して、信用を失い、自分はまともな人間じゃないと思っている。

けれど本当は……誰もがちゃんと生きたかった。
家族や友達や恋人と、幸せな人生を過ごしていきたいと思っていた。

ある日、そんな俺たちのもとに、
ひとりの新患が、病棟にあってはならないはずの酒を持ち込みやがった……。

日本全国には推定80万人のアルコール依存症者がいると言われています。
お酒をたしなむ貴方が、「明日から一生酒を口にしてはいけません」と言われたら……やめられますか?

『ブラックアウト』は、作者自身がアルコール依存症であるという経験をもとに、リアルで滑稽な、けれど、どこか憎めない人物が織りなす物語をお届けします。

▼劇場
劇場 雑遊

▼料金
一般
前売券 4,000 円
当日券 4,500 円
学生
前売券・当日券 3,000 円 (要証明)(日時指定・全席自由)

タイムテーブル
7月16日(木) 19:00
7月17日(金) 14:00 / 19:00
7月18日(土) 14:00 / 19:00
7月19日(日) 13:00 / 18:00
7月20日(月) 13:00 / 18:00
受付開始と開場は開演の30分前です。
当日券販売開始は開演の30分前からです。

▼その他注意事項
※コロナ感染拡大への予防につきましては公式サイトで対策をお知らせさせて頂いております。宜しければ御覧くださいませ!
http://singing-dog.com

【スタッフ】
作:藤﨑麻里
演出:吉田康一 (Antikame?)
音楽・サウンドデザイン・音響:山口紘
照明:渡辺隆行
舞台監督 / 演出助手:横山朋也
舞台美術:谷 佳那香
Web:田中寛人(演劇設計局コミュニケ)
宣伝動画・記録映像:米田浩章
チラシデザイン:吉田康一
画:藤﨑麻里
当日運営:奥田英子(演劇ユニットG.com)
協力: Ammo おしゃれ紳士 (株)エクリュ  (株)PTA theater 045 syndicate JACROW チャリT企画  パラドックス定数 ユニークポイント レトル 舞台美術研究工房 六尺堂 池林坊 太田篤哉 
Antikame?  演劇ユニットG.com 演劇設計局コミュニケ 

製作:singing dog

【singing dog とは── 】
社会的なモチーフを、映像の脚本家という観点からエンターテインメントに仕上げていく作風。藤﨑麻里が企画・作・プロデュースし、細部までこだわり抜いて創作へと導く。
2019年12月、サンモールスタジオプロデュース・オムニバス公演『CRIME -1st-女性加害者編』にてCase File 03『自由の果て、の不自由』~新宿・渋谷エリートバラバラ事件~をsinging dogとして上演。 2020年7月、『ブラックアウト』が正式な旗揚げ公演となる。2021年以降も精力的に上演を果たしていく。